Ayashik@

@f031461a

dokuroou:

【衝撃動画】韓国で「当たり屋」が車のボンネットにすごい勢いで飛び乗りフロントガラスが割れるまで何度も頭突き|保守速報
2014年9月29日、中国メディア・国際在線によると、韓国で、「当たり屋」が車のボンネットに すごい勢いで飛び乗り、フロントガラスが割れるまで頭突きを繰り返す映像がネット上にアップされ、 物議を醸している。
ドライブレコーダーの映像によると、男は前方からボンネットに飛び乗り、フロントガラスが割れる まで計4回、頭突きを繰り返した。  男はその後、めまいを起こし、ボンネットからゆっくりとすべり落ちていった。
この衝撃映像がネット上に公開されると、「仕事に全力すぎる当たり屋だ」などと皮肉る 書き込みもみられた。
(翻訳・編集/NY) レコードチャイナ 2014年9月29日 18時10分 http://www.recordchina.co.jp/a94897.html

dokuroou:

【衝撃動画】韓国で「当たり屋」が車のボンネットにすごい勢いで飛び乗りフロントガラスが割れるまで何度も頭突き|保守速報

2014年9月29日、中国メディア・国際在線によると、韓国で、「当たり屋」が車のボンネットに
すごい勢いで飛び乗り、フロントガラスが割れるまで頭突きを繰り返す映像がネット上にアップされ、
物議を醸している。

ドライブレコーダーの映像によると、男は前方からボンネットに飛び乗り、フロントガラスが割れる
まで計4回、頭突きを繰り返した。
男はその後、めまいを起こし、ボンネットからゆっくりとすべり落ちていった。

この衝撃映像がネット上に公開されると、「仕事に全力すぎる当たり屋だ」などと皮肉る
書き込みもみられた。

(翻訳・編集/NY) レコードチャイナ 2014年9月29日 18時10分
http://www.recordchina.co.jp/a94897.html

coromegane:

2014/9/9
前々から欲しいな〜と思っていたサンスター文具のホッチキス、とじ&トルをようやっと手に入れました。
コレが一体何かというと、その名の通り針を外すことに特化したホッチキス。おしりの部分に、針を外す専用の道具がついてるのです。
え、普通のホッチキスにもついてるじゃん!と思った方、ぜんぜん違います。あのただのツメみたいなやつだと、まず紙を裏返して針の足の片方を開いて、もう片方の足も開いて、ひっくり返して針と紙の間にツメを差し込んで抜くっていう流れじゃないですか?で、そんなことやってられないからほとんど使わないじゃないですか?
それがコイツだと一撃なんですよ!
まず下のツメを針と紙の間に差し込んで、握る。それだけで針がスルッと気持ちよく外れるのです。ヒミツは上の大きい方のツメで、これが針の真ん中を押し下げることで、両側の足が腕を開くようにパカッとなって、その後は下のツメを持ち上げるだけで針が抵抗なくするんと抜ける仕組み。
なんだそんなことと思うでしょう?でもこのご時世、会社で仕事してると意外とホッチキスの針を外す場面は多いんですよ。例えば、書類をスキャンするとき。それに、シュレッダーにかけるとき。一回とじた資料にミスが発覚してそのページだけ差し替えたいとき。「めんどくさい」という思わずにスッとできるのはなかなかの快感です。
ひとつ欲を言えば、最近のホッチキスは軽い力で多くの枚数をとじられるタイプのものが多いので、そっちに慣れているととじ性能は物足りなく感じられるかも。トル機構と軽とじ機構の両立はやっぱり難しいみたいですね。とはいえ、そんなにたくさん紙をとじることはほとんどないので、自分の使い方ではまず問題なし。
ひさしぶりに、周りの人に便利さを布教しつつ貸してまわりたい文房具です(ありがた迷惑)。

coromegane:

2014/9/9

前々から欲しいな〜と思っていたサンスター文具のホッチキス、とじ&トルをようやっと手に入れました。

コレが一体何かというと、その名の通り針を外すことに特化したホッチキス。おしりの部分に、針を外す専用の道具がついてるのです。

え、普通のホッチキスにもついてるじゃん!と思った方、ぜんぜん違います。あのただのツメみたいなやつだと、まず紙を裏返して針の足の片方を開いて、もう片方の足も開いて、ひっくり返して針と紙の間にツメを差し込んで抜くっていう流れじゃないですか?で、そんなことやってられないからほとんど使わないじゃないですか?

それがコイツだと一撃なんですよ!

まず下のツメを針と紙の間に差し込んで、握る。それだけで針がスルッと気持ちよく外れるのです。ヒミツは上の大きい方のツメで、これが針の真ん中を押し下げることで、両側の足が腕を開くようにパカッとなって、その後は下のツメを持ち上げるだけで針が抵抗なくするんと抜ける仕組み。

なんだそんなことと思うでしょう?でもこのご時世、会社で仕事してると意外とホッチキスの針を外す場面は多いんですよ。例えば、書類をスキャンするとき。それに、シュレッダーにかけるとき。一回とじた資料にミスが発覚してそのページだけ差し替えたいとき。「めんどくさい」という思わずにスッとできるのはなかなかの快感です。

ひとつ欲を言えば、最近のホッチキスは軽い力で多くの枚数をとじられるタイプのものが多いので、そっちに慣れているととじ性能は物足りなく感じられるかも。トル機構と軽とじ機構の両立はやっぱり難しいみたいですね。とはいえ、そんなにたくさん紙をとじることはほとんどないので、自分の使い方ではまず問題なし。

ひさしぶりに、周りの人に便利さを布教しつつ貸してまわりたい文房具です(ありがた迷惑)。

夫が「ケツ毛がトランクスに引っ掛かる」と言うので定期的に私が剃ってあげてるんですが、みんなはどうしてるんだろうと思って女子会で「旦那さんのケツ毛てどれくらいの割合で剃ってる?」て聞いたら、その場にいた全員から死体を見るような目で見られた。

— Twitter / m_manyu_u (via toronei)

>なんで日本だけが南極にまでしゃしゃりでる必要がある。

将来、南極で経済活動を行う際の既得権になるからだよ。

なぜオーストラリアはアイスランドの捕鯨とかには文句を付けずに
日本の捕鯨にだけ文句をつけるのか考えたことある?

それは日本が捕鯨を行っているからではなく
南極の支配権を狙っているオーストラリアにとって
南極で経済活動を行っている日本が目障りだからだよ。

つまりこれは捕鯨をめぐる戦いではなく
南極の資源をめぐる戦いってこと。

— 【国際】ICJ、日本の調査捕鯨の中止命じる 日本政府代表「判決に従う」★4 (via joodle)

Older →